毎週土曜日・日曜日は、護国神社見学ツアーを開催!

限定1日1組のご案内です。
護国神社見学のほか、結婚式、披露宴に関する質問を何でも相談できる
楽しい人気相談会です。
ご希望の方は、問い合わせフォームよりご予約くださいませ。

Exeteriar外観

神社の入り口にそびえ立つ大鳥居。 花嫁行列「参進の義」は、ここからはじまります。
広々とした神社内石庭。 開放感のある吹き抜けスペースが 挙式の厳粛さを演出します

名古屋丸の内の結婚式 挙式会場・愛知縣護国神社
人生の中で一番意義深い儀式である結婚式。
2010年9月にリニューアル。清楚で荘厳な雰囲気の中、拝殿、舞殿での結婚式が魅力。
広大な神社の本殿は、最大70名様が参列可能。親愛な親族だけでなく、絆深いご友人、上司、先輩など多くのゲストが参列できることで有名。

Interiar内観

神門の上には、家内安全祈願の大注連縄。 見るだけで、身が引き締まります。
神使とされる1対の狛犬 おふたりの結婚式を見守る大事な役者です

厳粛な雰囲気の中、執り行われる結婚の儀は、ご新郎ご新婦、そしてご参列の皆さまの大切な思い出となることでしょう。春には桜が満開に咲き誇り、夏には瑞々しい新緑に包まれる四季折々の自然が美しい愛知縣護国神社で、古式ゆかしい伝統的な神前式を。境内は街の中心部とは思えないほど、静寂が広がり神聖な雰囲気が魅力。

Program式次第

日本の素敵な四季を感じながら 進む境内は、ゲストの皆様の 心を癒してくれます
神社の周辺には、撮影スポット満載 特に名古屋城での前撮り撮影は 一番のオススメ

新しい人生の船出にあたり終生の伴侶と共に、緑に包まれた都心の杜をしとやかに歩みを進める、「参進の儀」。挙式のあとは、感謝の気持ちを込めてゲストとパーティ。たくさんの祝福を味わえます。人気スポット名古屋城での前撮り撮影もおすすめ。ずっとその場所にあり続ける愛知縣護国神社。いつまでも変わらないこの景色で写真を撮り、子どもができたらこの場所で。一年一年歳を重ねる度に成長を感じ、変わらない景色を背に写真を撮れる。素敵なことですね。

History歴史

“いつまでもあり続ける神々しい杜の社“

人生の中で最も記念すべき節目である「婚礼の儀」(神前式)は、お二人だけでなく親族すべてが家と家として結びつくというもの。。

雅楽の音色が神楽の舞が、みやびな空間へと導き厳かに晴れやかに両家の先祖も微笑み二人の契りは永遠に向かってここから始まります
愛知県ゆかりの御英霊九万三千余柱を、護国の大神としてお祀り申し上げております。昭和10年に現社地に御遷座。同33年11月本殿・拝殿等復興続いて平成10年3月神門・舞殿・廻廊が竣工。春には桜が満開に咲き誇り、夏には瑞々しい新緑に包まれる四季折々の自然が美しい神社、愛知縣護国神社。
名古屋駅から車で5分と思えないほど、ゆったりとした時間が流れる神緑の杜「愛知懸護国神社」。そこで執り行われる神前結婚式は、雅楽の奏でる和の音色に耳を澄ませ、四季の空気を肌に感じながら夫婦の絆を誓う、「本物の儀式」です。永遠の愛の契りにふさわしく、凛とした空気の中で胸いっぱいに沸き上がる感動は、おふたりとご参列者の心に深く深く刻まれます。

Contents価格 & 提携先

The Jubun Wedding
愛知縣護国神社の挙式時間に合わせた親族食事会または披露宴の開始時間をお二人に自由に設定して頂けます。提携ホテルアイリス愛知は、護国神社から徒歩3分の好立地。アクセスもよくたくさんのカップルに御利用されています。提携ドレスショップにて白無垢、紋服をセットにしたお得なネット特別挙式プランもございます。その他色打掛、ウェディングドレスなどのラインアップも充実。

Price List

神前結婚式 (初穂料) ¥200,000
新婦白無垢着付 ¥105,000
新郎紋服着付 ¥10,500
介添え ¥31,500
料理 ¥8,400
会場費控室 ¥37,800
特別ネット割
ホームページから来館予約をすると
白無垢+紋付袴
¥157,500

*詳細につきましては、担当プランナーにお問合せ下さい。

Accessアクセス

アイリス愛知
ウエディングサロン

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2-5-10
TEL 052-265-5101

【愛知縣護国神社 所在地】

〒460-0001
愛知県名古屋市
中区三の丸1丁目7−3

【公共交通機関】

名城線「市役所」5番出口より徒歩7分・鶴舞線「丸の内」1番出口より徒歩10分

【車でのご来館】

名古屋都市高速道路「丸の内」出口より5分
駐車場 あり

Contactお問い合わせ

お名前 (必須)
TEL
住所
メールアドレス(必須)
御来館希望日(必須)
  
挙式予定日(必須)
  
お問い合わせ